避けては通れない、「原価率」のコントロール

>

原価率とはどういったもの?

そもそも原価とはなんなのか

「原価」の定義としては、「経営において作り出された一定の給付に転嫁される価値であり、その給付にかかわらせて把握されたものである」とあります。
なんのことか、さっぱりわかりませんね。

少し簡単に説明します。
飲食店を経営するとなると、当然なにか料理を提供することになります。
料理を提供するには、それを提供する材料が必要です。
料理の材料、調味料、箸やお皿などですね。

次に必要なのは、料理を作る設備です。
料理を作るコンロや水道、電気などです。
また、人を雇うのであれば、その人にかかるお金も発生します。
もし、材料などを配送などで取り寄せているのであれば、そこにもお金がかかります。

このように、提供する料理を一つ作るのにかかる、様々なお金のことを「原価」と呼びます。

原価の種類とは

「原価」とは、提供する商品(料理など)にかかる費用ということがわかったと思います。
次は「原価」の種類についてみていきましょう。
「原価」には大きく分けて二つの種類があります。

一つ目は「仕入原価」と呼ばれるものです。
これは、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで、完成された商品を仕入れて販売する時の「原価」となります。
「仕入原価」には、商品の仕入れ価格に仕入先の経費がプラスされています。

二つ目は「製造原価」と呼ばれるものです。
こちらはメーカーなどが、原材料を仕入れて加工し商品を作る際の「原価」となります。
一般的に工場など施設で生産されますので、材料費、労務費、経費などで「原価」が構成されることが多いです。

飲食店経営だと、大きく関係してくるのは、一つ目の「仕入原価」になると思います。


この記事をシェアする